ようこそ! 「ウォーキングダイエット」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ウォーキングダイエット  > ウォーキングでの日焼けに注意しよう


ウォーキングでの日焼けに注意しよう

ウォーキングは思い立ったその日からすぐに始めることができる運動です。運動神経など関係ありませんから、特に女性や年配の人には取り組みやすいのではないでしょうか。
しかしウォーキングは外で行うことが多いため、紫外線対策をしっかりしないと大変なことになります。

紫外線対策は夏場の日中しかしないという人も多いのですが、正しくは年中無休で紫外線対策をする必要があります。最近は光老化という言葉をたびたび目にするようになりましたよね。
紫外線は単に日焼けをしてシミを作る、といったものだけでなく、真皮層にダメージを与えしわやたるみを引き起こしたり、直射日光を長期間浴び続けると皮膚がんになる可能性もあるのです。

wdiet5.jpg

曇りの日でも紫外線は出ていますし、いくら朝早くても日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。
紫外線の強さは、天気予防などでもチェックできますから参考にするのもおすすめです。

日焼け止めをつけていてもウォーキングをしていると汗で流れるし心配…という人は、体育館やジムで行ったり、夜太陽が沈んでからにするという方法もあります。
しかし、ウォーキングなどの有酸素運動は朝行う方がダイエット効果は高く、行う場所も体育館やマシンの上をひたすら歩くよりも、鳥の声や風にふれながら外を歩く方が気分もさわやかに楽しんで続けられるということは言うまでもありません。

紫外線対策には日焼け止めだけでなく帽子も活用し、普段からシミができにくい肌質をめざして食べ物などでビタミンCを積極的に取るのも効果的です。
ウォーキングという美容法をきっかけに、肌や髪などトータルで健康的にきれいになれるよう挑戦してみてはいかがでしょうか。